2009/05/25

明日から日曜まで!春季県美展です

昨年秋に中津で見たヒマワリ畑でのヒトコマ

間違いなくそこに立って居たという事。
同じモノを見てたという事実。

あたたかさの記憶・・・明るさの思い出・・・・時々刻々 人も自然も、社会も、環境も、役割も変わっていくわけだが、

何かのきっかけで、振り返ってみるとその盛りの頃がいまの事のように蘇る。

刻まれた記憶に陰りはないのです。

どのくらい?・・このくらい!
と、当時の思いの丈・熱さが測れたらいいのに。。。。


いやいや、それは大きな間違いですね

怖ろしいことです

測れないから尊く、美しく輝き続けられるものなんだと思います


絶対的なものなど知る術はなく、相対的な感覚で流されてしまう・・・


これで良しとしますか?

僕はできません


秋に季節外れのヒマワリ畑で、ひとりそんなことを考えておりました。


いつものように思うのです


変わらないもの。褪せないものは自分の中にしか保存できませんね。

こんなひ弱な容れ物にしか

0 件のコメント:

Sociable