2015/01/09

九州島西海岸へ、商談&展覧会行ってきた

先日仕入の途中に立ち寄った九州芸文館では、
『2000年後のピラミッド』をやってました。
九州芸文館はJR筑後船小屋駅前にぽつねんとそびえる現代のピラミッド
さながらアートの棺という趣向でしょうか(^_^;)


「2000年後に発掘された現代社会」をテーマに制作活動を行う美術家・柴川敏之氏の展覧会。見慣れたあの品この品、あのキャラクターが2000年後に、赤さびた化石となって掘り出されたとしたら、こんな感じなのかなあ。。なんとなく人の営みの諸行無常を感じる展示でした。

併設レストラン「ななつ星」では、
展覧会に連動して、コラボメニューがありました
最近これどこでもやってるんですね
OPAMができたら、中央町の飲食店でもこういう企画ガンガンやってほしいなあ。。
「2000年後の発掘どんぶり」うまそうでした。
トロトロたまごあんの下にご当地名物の柳川のうなぎや、みやまの高菜、博多名物辛子明太子。。。その他もろもろが埋蔵されているそうで、
特製スコップ型のスプーンで掘り出して食べるのだとか・・・
残念ながら、お腹は空いてなかったので甘い物を。。(^_^;)



これは2000年後の地層パフェであります
またこれが、ものすご凝ってまして、
地表部にある焼きマシュマロをかわきりに、掘り進みますと次々と違った味を発見
食感も不思議で何を食べてるのか分からないけど美味しいという、未知なる体験ができます。

おじさんとても満足でした(^o^)
あちら方面行く方は
展示とあわせて、レンストラン「ななつ星」でご飯食べてみてください
※店名は、あの豪華列車とは一切関係がないとのことでした。
しょっちゅう同じ質問されるらしいです(^_^;)

Sociable