2010/05/01

今回の東京急行で感じたこと


千穐楽
Originally uploaded by h@lsan
今回敢えて大きなカメラは持たずに行った。

言うまでもなく都会はフォトジェニックな光景があちこちにある。
物珍しさ、目新しさだけでも十分わくわく。どきどきして
我を忘れる。。。「撮らされてしまう」


今回もそう言う場面に出くわしたけど
撮れなかった。撮らなかった。

できあがる写真は想像できる
それは、間違いなく非日常。
作品めいたおもしろい絵だけど、
僕が撮ってもそれは
僕の中に無い世界
異質なモノ

そんな、かっこいい光景は似合わないと思うと
手が止まってしまった。

かっこいい光景は
かっこいい人が撮ればいい
別人を演じられる人が撮ればいい
田舎の祭りを撮るときにも同じコトを思う。
撮る人にふさわしい写真がある。

異空間に入っていけない自分に半分悔しさもあるんだけど
これが僕だから

毎回どこかに撮りに行くたびに
見つけながら見送ることがある

ま、それでいいんだよ。
ここでも、やっぱり僕は「あなたが言うとおり」だ。

自然体でいよう

以下は滞在メモ

●scrap and buildの功罪
  景色が変わって得られるモノ失うモノ
  景色とは目に見えるものだけではない

●不況による功罪
  案外プラス面もある?!
  豊かさの再定義

●個人の意識を保ちにくい環境が着々と整備されている
  紛れ込んでしまうことの心地よさと危険性
  
●満員電車の中での「瞑想状態」「妄想状態」
  ああいう時間っておもしろい
  
●都会パワーが自意識にもたらす影響、功罪
  「人の力」は魅力だ
  毒であり薬である
  
●東京と大分の「汚い面」「美しい面」
  どっちが遅れてるんだか、進んでるんだかわからない

ぼけーっと、人の川を漂流しながら思った。

いや実はこれ、新しい変化ではなく
僕の変化による単なる気づきなのかもしれない

時を超えて東京は動き続けているね。

毎回行くたびに書くけど、
群衆の中で感じる孤独感がなんとも言えない。

好きだけど嫌い
嫌いだけど好き

追えば逃げ、離れれば引きつけられる

大きな真実と
勘違いが産まれるところ

東京はそういうところ

0 件のコメント:

Sociable