2015/06/06

OPAM誕生



モノトーンが似合う景色の中にある
ベンチ。
そこにあった鮮やかな紅に心が動いてシャッターを切った。

南天かな?わからない。
鳥が食べ残したのかな?
知らない事だらけだけど、
もっと自然のこと知りたいな。。。

もし近所の若草公園だったら、
足を止めなかったかもしれない。。。
コレ過日大分から遠く離れた所で
撮った一枚です。



環境が人を感化する。
誕生祭でにぎわったOPAMを見てそう思いました。
アーティストか思想家にでもなったような、不思議な錯覚を抱かせてくれる環境。。。。
大分に新しい環境の種が蒔かれましたね。

送り手の意図を
自分なりの価値で読み替え、
味わえた時、新しい喜びが生まれ、その後の自分に変化をもたらす

家庭があり生業をもって
日々を生きる一市民の僕でさえ、

感化の煌めきに気づければ、
大いなる思索が深まったか傑作を生み出したかの様に、心が躍る。

実はそれが創作者の手の上だってわかってても。。。
本当に自分の力(一部)になるかどうかはわからなくても。。。

いいんですそんな昂揚感に素直に喜べる
自分が嬉しい。
ああ環境が人を変える。

日々の暮らしのアクセントとして、
こんな感動が出来ることこそが幸せ。

微かな兆しを感じとれるように
心をしなやかに過ごすことで、本質の変化が始まる。

たぶんOPAMは、
その触媒になってくれると感じた1週間でした。

0 件のコメント:

Sociable