2009/03/31

無くなるものが多すぎる



Originally uploaded by URA-HAL
写真は人が撮るもの。
カメラによって
生まれる写真の雰囲気が違ってくるなんてないはずなのに

不思議とメーカーごとにテイストが違うのはなぜだろう

コンタックスから生まれるものは
野暮でなく、キザでなく、無骨でなく、軟弱でもないもの

どうしてかなあ??
気のせいなのか?

今回上京の折、最後のクラブ員の作品展を見に行ってきた。

観覧者は芳名録に記帳しながら
異口同音に閉鎖を惜しむ声を残して去っていった。
サロンの告別式だった

有楽町界隈が似合う初老の男性が多い
品のいい軽妙な東京口調が聞こえる

京セラはブランドを手放していないのはなぜだろう?
いつかまた。。。期待したい

0 件のコメント:

Sociable